建築バカ一代

”建築家”を目指す男の奮戦日記。 本業の建築だけではなく、音楽,映画,本,マンガ,格闘技 等、趣味についてのうんちくを語る何でもあり(バーリトゥード)な日記っす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロとUFO

テロとUFO 竹本良著

これもトンデモ本系ですが、著者の竹本良ってヒト、たけしのTVタックルの超常現象の時によく出てるヒトらしいんだな これが。

私は個人的に”UFO”はこの世に存在すると思う。
いわゆる和訳
未確認飛行物体”
としてだ。実際の目撃情報も多いしね。全てが何かの見間違いということではナイと思う。
私も過去に、実際見てるしね。(その話はまた今度)
それが、宇宙人の乗り物で、他の星から飛んで来てるとなれば、どうかな?と思うんだが。
信者の方には すまない が。
そういう可能性も無きにしもあらずだが、個人的には なんだかなあという感じ?

この本、その信者のお方が書いていらっしゃるので、イマイチよく理解できないとこもあるが、表題”テロとUFO”とは、ネットの”きち”というHPにUPされている、ニューヨ-ク同時テロの時に、UFOが映っていたというもんである。しかし、本書にて画像分析を行った結果、ただの”鳥”だということが判明した。

まあ、でも結局本書で、何が言いたいのかイマイチよく理解できない。最後まで UFOとテロの関係の説明もナシ。
ド~なの?050810_073940.jpg

スポンサーサイト

テーマ:UFO - ジャンル:

アポロってほんとうに月に行ったの?

アポロってほんとうに月に行ったの? M.ハーガ著

今から数十年前、時のJ.F.ケネディの時代に、アポロ計画は発動され、ソ連に先駆け 人類(アメリカ)は月へ行った。ということに なっちょりますが、果たして真相は?

ワシも見ましたが ”カプリコン1”という映画は奇妙な映画だったと思う。

当初NASAは全面協力するハズだったが、映画の内容を知り激怒!!
映画の製作中止まで、話が及んだと言う。

まあ、はしょって言えば、映画”カプリコン1”と同じく、歴史的な月着陸は、映画のスタジオ・セットで撮られたんじゃないかと。
それに関する証拠を次々と、明かしていくのが本書なんですが、果たして真相は...?

ワシ、世に言う”トンデモ本”関係は好きなんです。読んでる時に、違う世界にトリップできるというか、なんというか。
まあ、”トンデモ本”信者じゃなくて、話半分で読んでますが。
でも、オモロイでんな。

これから、そういう類の本も続々紹介して行きます。050810_073919.jpg

テーマ:宇宙 - ジャンル:

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。