FC2ブログ

建築バカ一代

”建築家”を目指す男の奮戦日記。 本業の建築だけではなく、音楽,映画,本,マンガ,格闘技 等、趣味についてのうんちくを語る何でもあり(バーリトゥード)な日記っす。

『アイズ・ワイド・シャット』“Eyes Wide Shut”

このリンク先のブログさん http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-9.html
で、この映画の儀式のシーンのYouTube画像を見てから頭の中から抜けなくなってしまい思わずレンタルビデオ屋さんでDVDをレンタルして見ましたよ。

かのアポロ11号の月面着陸映像を偽造させられたともウワサされるスタンリー・キューブリック監督の死ぬ直前の遺作。
一説にはこの秘密めいた結社儀式を映画にしてしまったから暗殺されたともウワサされている。

コレ、製作したのが1999年だから、もう今から10年以上前の映画になる。
フルメタルジャケット以来、12年ぶりにキューブリックが監督した作品であり、当時のハリウッド・トップスターのトム・クルーズとニコール・キッドマン夫婦(当時)が競演したちょっとエロい作品という知識くらいしかなく、今まで全く見る気が起きなかった作品である。

Eyes Wide Shut - Theatrical Trailer


かといって、キューブリック作品は今まで超有名な”2001年 宇宙の旅”や”時計じかけのオレンジ”や”シャイニング”は見て来た。決して嫌いな監督ではないのだが、例のスター夫婦の競演作で内容がエロというウワサだったので、なんか軽い内容の映画かなというイメージで、今まであえて見ようとは思わなかったと言っていい。

「スクリーンは魔法のメディア。それは他の芸術には決して真似のできないほど感情とムードを伝え、好奇心を保つことが可能だからだ」―スタンリー・キューブリックキューブリックは多くの模倣者、フォロワーを生みました。真に天才と呼べる孤高の映画監督です。(彼自身はエイゼンシュタインとチャップリンを敬愛していたという…)映像のみならず、意識の深部にnonverbal(非言語的)なコードを埋め込むことのできる、比類のない映像...
『アイズ・ワイド・シャット』“Eyes Wide Shut”


続きはネタバレ 注意!!
スポンサーサイト



【“『アイズ・ワイド・シャット』“Eyes Wide Shut””の続きを読む】
関連記事

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画