建築バカ一代

”建築家”を目指す男の奮戦日記。 本業の建築だけではなく、音楽,映画,本,マンガ,格闘技 等、趣味についてのうんちくを語る何でもあり(バーリトゥード)な日記っす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンズ&ローゼス 来日記念!!

エアロスミスにとっての
aero.jpg

RUN.DMCって....
rundmc.jpg

美川憲一にとっての
mikawa.jpg

コロッケみたいなもんか....。
papaharu.jpg

桜が綺麗....



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

コメント

RUNDMCがどうしても思い出せない私は、わかったようなわからないようなww。

  • 2007/04/09(月) 22:48:18 |
  • URL |
  • えるも #CVqFG1Dc
  • [ 編集]

Wikiより(ウソです)

エアロスミス;
70年代にデビューした、アメリカン・ハードロックの雄的バンド。デビュー当初は同時期のキッス、クィーンなどと並んで、ロック界の3羽ガラスとかも呼ばれた(日本だけ?)。しかし一時、Gのジョーペリーが脱退し、次第に人気も低迷気味に。その後ジョー・ペリーが復帰するもやはり人気はイマイチだったが、80年代に若手ラップグループRUN.DMCにかつての名曲”ウォークディスウェイ”をカバーされ、ゲストとしてVのスティーブンタイラーとGのジョーペリーが参加、曲は結構ヒットする。当時流行っていたミュージックTVにもPVがしょっ中流れるなど、本家エアロスミスの人気にも火が付き始める。その後、人気面でも完全復活をとげ、現在、一部にはRストーンズに次ぐロックバンドとの評価も有る。

美川憲一;
”柳ヶ瀬ブルース”でデビューし、若手演歌歌手のホープと注目される。そして、”さそり座の女”のヒットも飛ばすが、その後これと言ったヒット曲が出ないまま、芸能界からその存在が忘れら去られる。TVに映るのは、たまに大麻で捕まった時くらいにまで落ちぶれる。
その後、モノマネタレントで頭角を現してきたコロッケの18番に、美川のモノマネが加えられるようになり、モノマネ番組の演出で、モノマネ最中にご本人登場を繰り返すうち、その独特なキャラが一般受けして、人気が再燃。紅白常連歌手にまで人気が復帰する。

エアロも美川もどちらも共に足を向けて寝られない存在である。

  • 2007/04/11(水) 16:48:03 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honey6492.blog19.fc2.com/tb.php/176-98583b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。