建築バカ一代

”建築家”を目指す男の奮戦日記。 本業の建築だけではなく、音楽,映画,本,マンガ,格闘技 等、趣味についてのうんちくを語る何でもあり(バーリトゥード)な日記っす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅行記4=2日目朝(ガンジス河でバタフライ放送記念!!)

なんか今晩から二晩にわたって、たかのてるこ女史原作の”ガンジス河でバタフライ”が長澤まさみ主演で放送されるヤウだすな。

この日曜深夜にも、その原作者と脚本担当の宮藤官九郎氏が、シナハンでインドへ行った模様をやってましたが、
「懐かし~!」
インドへ行けたのが、もう15年くらい前なハズなんですが、街並みとか変わってないな。

48300041.jpg

というワケで、つづき↓

飛行機の長旅とニューデリー空港のイキナリの歓迎の一件でくたくたになって、第一日目は今回の旅で唯一 部屋に着くなりバタンキュー(死語)となった。

次の日、そのニューデリーのホテルに一泊して朝。
朝食はツアーメンバー全員で集まって食べるというスケジュールだったので、時間に合わせて食堂へ。

ちなみに今回のツアーで泊まるホテルは全てインドでは4星以上の高級ホテルばかり。
インドの旅を存分に楽しむ為には、空港で捕まりそうになったリキシャーの運ちゃんが案内してくれそうな安宿街安宿に泊まるのがいいのだろうが、さすがにツアーでそんなことしてたら客が集まらないだろうから、高級ホテルばっかし。
ただし、インドの物価って、当時(15年前)日本の10分の一くらいだったので、高級ホテルばかりに泊まってもお値段的には知れているのだ。

そして朝、食堂へ着くと、もう既に早くも女の子二人組が朝ごはんを食べていた。
昨夜、バスやホテルのロビーで顔を見て知っていたので、
「おはようございます。」
と声をかけたんだが、何故か無視されてしまった。
30前の男が、たった一人でインド・ツアーに参加してるのが気持ち悪く思われたのか?
しかしこちら側も、こんなに若い女の子達が、
「何故ゆえ インド?」
と不可渋く思ってるんだが....

最初はハーレムか?と思ってちょっと喜んでいたのだが、ちょっと この先ずっと同じメンバーでインドを回ることになるんだろうから、昨夜に引き続き 朝からいきなりブルーな気持ちになったのでございます。

つづく.....
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

若い女の子だけのグループ旅の場合、旅先で必要以上にフレンドリーになる子と、必要以上に身構える子の両極に別れるのでは…と、なんとなく推測。

  • 2007/10/05(金) 21:34:22 |
  • URL |
  • えるも #CVqFG1Dc
  • [ 編集]

ただ単に

朝は機嫌が悪いだけだったのかも知れません。

次回に期待。

  • 2007/10/06(土) 11:10:52 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honey6492.blog19.fc2.com/tb.php/268-7d957857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。