建築バカ一代

”建築家”を目指す男の奮戦日記。 本業の建築だけではなく、音楽,映画,本,マンガ,格闘技 等、趣味についてのうんちくを語る何でもあり(バーリトゥード)な日記っす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マトリックス

いわゆるハリウッドのSFアクション超大作である。

以下はネタバレになるので、見た人だけ。
キアヌ・リーヴス演じる救世主ネオの物語。

めっちゃ簡単にはしょれば
主人公アンダーソン(=ネオ)がそれまで現実だと思っていた世界が、
ある日のキッカケを境にそれがすべて仮想現実の世界だと気付く。
で、その仮想現実マトリックス)世界の救世主になるというお話。

最初この映画を見たときはかなり衝撃的でした。

当時の友人のYクンが先にこの映画を見てて、

「あぁ、そういう解釈もあったのか。ヤラレタという感じ。」

と語っておりました。

ここで重要なのは、それまで現実(=正しい)と思っていた世界が実は違っていた。

という話なのです。

まさに今の世の中を反映しているような内容。

この世の中は五感で感じていることがすべてなのでしょうか?

それとも、映画マトリックスのように、誰かが作ったマトリックスの中にいて、
そのマトリックス自体を気付いてないだけなのでしょうか?

つづく....
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:考えさせられた映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honey6492.blog19.fc2.com/tb.php/368-bf39f4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。