建築バカ一代

”建築家”を目指す男の奮戦日記。 本業の建築だけではなく、音楽,映画,本,マンガ,格闘技 等、趣味についてのうんちくを語る何でもあり(バーリトゥード)な日記っす。

資本主義・消費主義の終焉

資本主義って
「儲かれば何をやってもエエ。」
という考え方が基本。
その為には、物を作って売って売って売りまくれー!!

で、本来は売れるはずもない事故米を食用として売り出したりなんかする。
物を売るためには、どんどん新しい商品を作り出さないといけない。

「買って、買って!!」

である。
でも考えてみれば、既に世の中に物が行き渡っていて、新しくTVを売ろうとしても
プラズマや液晶なんかを新発売しても売れないもんだから、
アナログからデジタル放送へ無理矢理変更させないと売れないんである。

日本がアメリカで売れなくなってきたのは、昨年のリーマンショックの影響からだけだろうか?

物が売れずに不景気とか言ってるが、本当に不景気のせいで物が売れないのだろうか?

消費主義は終焉へと向かっているような気がする。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ゴミ問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honey6492.blog19.fc2.com/tb.php/375-5ef79436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad