建築バカ一代

”建築家”を目指す男の奮戦日記。 本業の建築だけではなく、音楽,映画,本,マンガ,格闘技 等、趣味についてのうんちくを語る何でもあり(バーリトゥード)な日記っす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポロ20号4 宇宙船から回収した宇宙人?

アポロ20号のミッション(任務)としてほかに、前回ご紹介したNASAが公式に発表した月面上のクレーターに写っていた”葉巻型宇宙船”(?)らしき物体からその乗組員(宇宙人?)を回収するというものがあったそうだ。

ということで、頭がおかしくなりそうなキチガイネタの始まりです。

Apollo 20 EBE Mona Lisa TV Unscheduled Transmission


この乗組員、あだ名をつけたそうで何故かあの有名な絵と同じく”モナ・リザ”だそうです。
宇宙人の(種族?の)名前としてもEBE(エバ)と名づけられているそう。
こちらの映像の方は、何か蝋人形のようで作りものっぽく見えます。
で、問題なのは”モナ・リザ”が写るまでにアポロ20号(?)のコックピットらしき映像が写ります。
前回トラックバックした ”宇宙人はいるのか?小宮さんUFOブログ イタリアUFOブームとアポロ20号の情報 http://862516.blog45.fc2.com/blog-entry-100.html によれば、エンジニアの小宮さんから見ても
”単純にコンソール、スイッチを配備したものを作成するだけでもざっと200万円近くかかっていると思います。”
らしいです。
このことからこの宇宙人を蝋人形で作ったにしても、結構お金がかかっている仕事ということが言えると思います。
ということは、やはりこれも無名の映画のワン・シーンなのか?
それとも果たして本物の(アポロ20号の)フィルムなのか?


この”モナ・リザ”の映像はほかにもあって、こちらは”おでこ”と目と口が何やら”骨”のような物体でつながっています。

APOLLO 20 E B E Mona Lisa 16 m


こちらが時間的には”モナ・リザ”が発見された当初の映像かもしれません。
こちらは蝋人形というより、印象としては何か凍っていたような印象を受けます。
というより、”おでこ”と目と口を”骨”みたいなもんでつなぐという発想が何か異常な感じを受けます。
これ、普通一般の(地球)人でこういう発想をするでしょうか?
また、この映像では最初口が開いていますが、”骨”のようなものを取った後は何故か口が閉じています。
途中に写る人間の手の大きさと比較して、この宇宙人はかなり小さいということも分かります。

このフィルムが果たして本物なのか?
はたまたアポロ20号というミッションが実際にあったのかどうか、すごく気になったので、ネット上をかなり調べ回しました。
するとそれらしきブログ記事を見つけました。↓

Lagoon Diary
http://blogs.dion.ne.jp/dog_gett/archives/cat_336552-1.html

実はコレ、私は小宮さんより以前に見つけていました。

で、その後、YouTube上でもこのアポロ20号をネタにした外国のTV番組を見つけました。

Il Mistero dell'Apollo 20 - Parte 1


Il Mistero dell'Apollo 20 - Parte 2


小宮さんによるとイタリアUFO番組らしいのですが、イタリア語がさっぱり分からないので何を言ってるのか分かりません。
誰かイタリア語の分かる方、翻訳をお願いいたします。

こちらも小宮さんより先に見つけておりましたが、小宮さんのブログの発表の方が先だったので全く説得力がありませんな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:宇宙人 - ジャンル:

コメント

ありがとうございます。

Lagoon Diaryの投稿者です。
はやくからみつけて頂きありがとうございます。、といっても私は単に訳しているだけですが。。。

19号、20号ともに体験談を語る人がいて、これはかなりショッキングでした。
専門用語を交えた当時の回想も的を得ており、これは本物なので訳文を出すべきだ、と思った次第です。
さて、EBEですが。
これは地球外生命体の略語です。
エクストラテレストリアル・
バイオロジカル・
エンティティです。
つまり、宇宙人の総称です。

  • 2010/05/23(日) 01:31:16 |
  • URL |
  • dog_gett #wEkUdGow
  • [ 編集]

初めまして。

>dog_gett さん

初めまして。

コメントどうもありがとうございました。
私もついこの前までは想像だにしなかったのですが、インターネットがここまで流行ると情報の渦に巻き込まれてしまって何が本当(真実)の情報なのか分からないようになってくるのが大きな問題なのかと。

当記事にも書きましたが、信者と研究者の立場は一線を引かないと これ以上 情報の渦に巻き込まれてしまって何が真実なんだかどうだか分からなくなってしまうことに今 戦々恐々 恐怖しています。

あっちで言うところのタブロイド版(=東京スポーツ)にならないように、真実を突き詰めていく立場では一歩引いた検証が今必要なのかと。

当ブログは弱小ながら、信者ではなくあくまでも研究者としてのスタンスをこれからも持って行きたいと考えています。

これも何かのご縁ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2010/05/26(水) 01:30:24 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

本物?

 これらの情報を一般人が見ても真偽を判断する材料を持っていません。
 以前テレビで日本人科学者が月の石を調べたら地球の物だと判明したと言っていました。だってアポロは月に行っていないからです。映像は全て作り物。ほんとらしく見せるために着陸地点にUFOが3機いたとか、20号のような映像をもっともらしく出しているのです。
 じゃ打ち上げられた宇宙船はどこに。何のことはない、地球の周りを回っていただけです。これには理由があります。宇宙人が許可しなかったからです。だから日本のかぐやも行っていません。ついでに言うとはやぶさの砂が話題になっていますが、あれもインチキです。金星のあかつきも同じです。JAXAの存続とイオンロケットを売らんがためのパフォーマンスに過ぎません。

  • 2010/11/22(月) 12:00:41 |
  • URL |
  • タロウ #CBgw6NFc
  • [ 編集]

タロウ様

その科学者って大槻教授のことかなぁ?確か教授は「分析した月の石の成分は地球上にもあるもので、独自の成分が発見されなかったから本当に月へ行って取ってきた証拠にはならない。」とかいう意味のことを言ってたと思うんだが。

月着陸についてはいろいろ疑問点が多いのだけど、客観的事実としては公表されている写真の数があまりにも少ないとか。月面上の動画にしてももっと鮮明に撮れててもおかしくないとか。事実は一体どうなんでしょうか?

かぐやについても今のカメラの技術から言ってももっと月面に接写した鮮明な画像が撮れるはずなんですがね。(地球の人工衛星でさえその技術が付いている)なんなんでしょ 未だにあの白黒映像は。

>宇宙人云々
のところは理解不能ですが、もし我々の科学よりも進んでいるのなら、許可とかそういったことは問題にもならないような気がします。

  • 2010/11/22(月) 21:22:02 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

真相

 科学者というのは大槻教授ではありません。信じられないでしょうが、私の情報は宇宙人からのものです。アポロ13という映画がありました。あのミッションは月での核実験だったので、宇宙人が酸素タンクを爆破して不可能にしたのです。月には彼らの基地があり、侵略目的で来ることを許可しないということです。地球人は宇宙の仲間として認められていません。実際の月はもっと綺麗だと言っていました。
 世間では尖閣諸島のビデオ流失や大臣の放言問題で揺れていますが、新聞もテレビもNASAやJAXAの言いなりです。まるで太平洋戦争の大本営発表です。真実とかけ離れていることを少しは疑ってほしいものです。
 1964年5月、メキシコのサンホセプルアという所で宇宙会議が開催されました。これは「私が出会った宇宙人」(徳間書店5次元文庫)に紹介されています。当時の各国の首脳に対して宇宙の代表がこう提案しました。これは本にも書いていない極秘事項です。”日本に世界を統治させること”勿論、どの国も拒否しました。
 しかし、21世紀になって強制的にさせることに決まりました。まもなくアセンションが始まります。大地震やハリケーン、洪水等の天変地異、そして世界中で起こる戦争によって日本以外は安全に住めなくなります。地球が存続するためには通らざるをえない道なのです。日本だって無傷ではいられないですが。
 http://www.youtube.com/watch?v=FtKuBKIaVvs この映像はご覧になったと思います。9.11の一ヶ月前に貿易センター付近に現れたものです。あれは秒速何キロもの速さでVターンしています。地球の技術では不可能ですし、中の乗員は死んでしまいます。宇宙人は旅客機が衝突することを予知してああいう方法で警告したのです。まだろっこしいやり方ですが、あれが限界だと言っていました。宇宙人はやろうと思えば世界中の核兵器をなくすることも地球の軌道上にある衛星などのごみを処理することもできます。ただそれでは地球人の為にならないのでやらないだけです。
 私は宇宙人には何人もあっていますが、この情報は間接的にもらったのです。彼らは我々に混じって暮らしていますよ。
 

  • 2010/11/22(月) 22:40:18 |
  • URL |
  • タロウ #CBgw6NFc
  • [ 編集]

タロウさん

う~ん。いきなり「私の情報は宇宙人からのものです。」と言われましても、それを客観的に証明できるんであればその話を信じるんですが、果たして本当に宇宙人はいるのか?ということが現在証明されていないんで一口にその話は信じかねます。
たとえタロウさんが、私に、「この方は実は宇宙人なんです。」と言って一見普通の人間に見える方を紹介されてもすぐには信じ難いワケです。その方と一緒に病院にでも行って、今までにない血液型だとか、心臓が二つあるとか普通の人間の状態ではないということが客観的に証明されれば、そこで初めてその方が宇宙人かもしれないと信じることができると思います。

チャネリング系の方々は、「宇宙人からテレパシーを受けている。」とかいうことをよくおっしゃるんですが、それもそのチャネラーの方の脳みその中で起こっていることなので、それが本当に宇宙人がテレパシーをその方に飛ばしているのか、それともその方の脳内だけでの単なる妄想なだけなのかということはこれまた第三者的に証明できないわけです。

ちょっと前に 当ブログのカテゴリーのトンデモ系の中で、
”トンデモ信者と研究者 1&2” http://honey6492.blog19.fc2.com/blog-entry-426.html#more
について語らせていただきました。

客観的に証明できないことを信じてしまうと、これはもう”研究者”というのではなく”信者”というスタンスになってしまいます。
世の中にはこれらUFOなり確かに不思議な現象があるということは事実だと思っていますが、その不思議な現象が果たしてどこまでが真実なのかということは、あくまで”信者”ではなく、”研究者”という一歩距離を置いた立場でいないと冷静な判断は下せないと思っています。

紹介いただいたYouTubeのWTCのUFO動画ですが、これまた何かのコマーシャルの為に作られたフェイクである。というウワサも聞いています。
ハリウッド映画のように現在の進んだ技術があれば、これらのフェイク映像を作ることは造作もないでしょう。ただしかなりのお金がかかることは事実ですが。

この記事で紹介した宇宙人モナ・リザですが、この映像もかなりお金をかければ作れないことはないでしょう。
今まで当ブログでくり返し言ってきていますが、もしこれらが作りもの(フェイク)だとすると
「一体誰が何のためにそこまでお金をかけて、こんなことをしているのか?」
という疑問が残ります。

ただ単にある金持ちの道楽と言ってしまえばそこで話は終わってしまいますが。

  • 2010/11/26(金) 19:14:18 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

体験しないとわからない!

 信じられないのも無理ないです。数年前の自分だって現在の状況を把握できませんでした。彼らと対等につきあうにはテレパシー能力が不可欠です。あまり知られていませんが、オーラ透視能力があれば宇宙人の区別が簡単にできます。それだけ違うのです。
 去年から今年にかけて何人もの人に道を聞かれました。不思議なことに時間と場所を予知して現れるのです。明らかに自分を待っていたとわかるのです。以前ある動物園で説明してくれた若い女性も宇宙人でした。化粧しなくても肌が綺麗で穏やかな口調でマリアみたいでしたね。
 年末恒例のテレビタックルの特番は不毛な討論だと思います。反対派はいいですね。証拠を出せ。常識と違う。と言っていればいいのですから。賛成派は苦労して写真や極秘文書を手に入れなくてはいけません。正しいかは別にして。これでは不公平です。
 じゃ常識とは何でしょう。政府や機関が発表しているから正しい。教科書に書いてあることが全て正しいとは言えません。宇宙人だから地球人と違う。これも間違っています。それこそ偽情報に振り回されています。
 以前たけしが、がんの特効薬をくれたら宇宙人の存在を信じると言っていました。大多数の地球人の考え方ですね。彼らは我々の関心を満足させるために活動しているのではないのです。
 どうして月に行ってもいないのに行ったことにしているかわかりますか?ある日、月から宇宙人がやってきたとしましょう。アメリカはこう言うでしょう。「我々が何度も調査したけれど、いかなる生物も発見できなかった」と。つまり宇宙人を否定するためです。彼らを認めると誰も政府を信じなくなるからです。宇宙では地球のようにお金がありません。ということは、戦争も犯罪もなく皆平等なので大衆は宇宙人を信じてしまうでしょうね。
 火星の有人飛行を計画している真の理由は、政府の要人や一部の財界人を移住させることです。それを科学目的で国の予算を使っているので隠さざるをえないのです。
 宇宙人はきびしいですよ。絶対甘やかすことはしません。あなたは好きでもない人をデートに誘えますか?私は解雇された会社に3回も出かけ、おまけに断られ、ストーカー扱いされました。こういう試練を乗り越えたからこそ今があるのです。
 そのテストの最中、行きたくないなとインターネットを見ていたら、突然パソコンがダウンしたことが何回かありました。戻ってきたら何事もなく通じました。彼らはそういう茶目っ気のあることもします。

  • 2010/11/28(日) 11:56:24 |
  • URL |
  • タロウ #-
  • [ 編集]

タロウさん

すいません。
”テレパシー能力”とか”オーラ透視能力”と言われましても、それは以前も取り上げたように”研究者”の立場でなく”信者”の話になってしまうので、申し訳ありませんが 私には理解不能です。

確かにおっしゃるように”常識”というのは、体制側が作ったものです。それは今も昔も変わりません。
昔から一般庶民には本当のことは知らされて来なかったからです。それは今までのわずかな歴史の中でも証明してくれています。

まぁ 私がブログでこうした記事を書くのは、決してトンデモ系をバカにしているわけではなく、ノドにひっかかった骨のようにイマイチ世間の常識が全て信じられないからです。
”トンデモ系”と一くくりにして全否定してしまえば楽で、それこそ常識にとらわれているB層にとってはありがたいことかもしれません。その先を深く考える必要がないからです。

でも あえてそこで一歩引いた形で、様々な謎(トンデモ系)に対しての客観的な考察を進めていかないと、それこそ常識を広めて一般庶民を洗脳・奴隷化しようとしている体制側にとっては、奴らの思う壷ではないかと考えています。

最後の方の
>宇宙人はきびしいですよ。.....
以下のくだりはちょっと私には理解不能ですが、私の今まで、またこれからのスタンスとしては ”トンデモ系”に対しては深い考察もなしに全否定するという立場ではなく、何が真実で何が問題なのかという姿勢を今後とも貫いていきたいと考えていますので、今後の発表を待て!!

  • 2010/12/04(土) 01:51:10 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

はじめまして、最近この動画を知りました、私的には最高傑作です!^^
なんとなく本物のような気がしてます、搭乗員の顔は映ってるし、動作に落ち着きがないようにみえます、未知の物体をみたからなのか?裸だったから?なのかは謎ですが、私だったら変態扱いされたくないので出演は断ります^^、月にいったことを証明するならここまでしなくても良いと思いますよ。

  • 2010/12/29(水) 16:45:32 |
  • URL |
  • shin #a/7kZe7k
  • [ 編集]

shin さん

初めまして。
コメントご返事遅くなりました。スイマセン。
小宮さんが言われているように、お金をかければFakeでも作れると思います。
それなりの役者を雇えば演技もそれなりにしてくれるでしょう。
でも映画として公開すれば、お客が入れば儲けになりますが、こうしてYouTubeに公開しているだけのものではいくら閲覧数が増えても儲かるのはYouTubeだけのような。
作った本人にお金が流れることはないと思います。
Fakeだとすれば、一体何の目的でお金をかけてこんなものを作るのかということが大きな疑問として残ると思います。

  • 2011/01/15(土) 17:40:16 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

宇宙人問題と情報操作

絵文字:v-270]初めまして。
YOUTUBEでアポロ20号のモナリザと、化石風の巨大シップを視て、最初は特撮かな?と思いました。モナリザの髪が凍ってる様な映像と、凍ってない様な映像に分かれていて、両映像の撮影時間が連続で無いと判ります。随分時間を空けて撮影した事になりますね。金持ちが道楽で作ったフェイクだとすれば、余りにも人を馬鹿にしています。本物なら大変嬉しい記録です。

 私も含めてUFO目撃経験の有る人は大勢いるのに、その事を隠す人が多いのは
なぜでしょう。それは宇宙人の証拠を完璧に出せる人が殆どいないからです。
 UFO目撃しても、それが異星製造とは限りません。第二次世界大戦中に、
ナチスドイツは既にガソリン等の燃料を使わない、磁力やプラズマを動力とする乗物を研究していたそうです。ナチスの旗印・鉤十字は宗教記号に似てますが、あの渦巻形自体が、動力に使えるエナジーの象形ではないかと思います。

 マスコミや社会の権力者達は、この様な話題を信じる人を阿呆者扱いする様にマインドコントロールを幼児~年寄りまで全世間レベルで続けています。
 情報が増えすぎたために、真相を隠すための情報・古代文明などの研究者を
妄想だの捏造だのと中傷する情報まで流し、結果的に日本社会も洗脳された人が多数派になっています。操る側のエリート達には、好都合。

 宇宙人が実在し、古代より太陽系惑星に干渉していた事が本当なら、
進化論を支持する生物学者と歴史学者が大反発するでしょう。
権力者・貴族の階層は、自分たちの権力が揺らぐのを嫌うでしょう。
 地球人の起源・宇宙人問題・NASAの疑惑が総て明らかになった場合、
最も利を得るのは誰なのか?という疑問が私には強烈に残るのです。

  • 2011/08/21(日) 18:36:57 |
  • URL |
  • 祭りだ!ワッショイ #-
  • [ 編集]

UFO問題に関しては

> 祭りだ!ワッショイ さん

初めまして。
返信大変遅くなり申し訳ありません。

UFO問題に関しては、それが地球製のものなのか?ハリウッド映画などがよくプロパガンダしている異星人の乗り物なのか本当によくは分からないのですが、その情報をひた隠しにしているということは少しでも公開すればマズいことが多過ぎるのでしょう。

ということで最近興味を持ってよく読んでいるサイトがあります。
”オオルリのブログ”
↓URLをクリックすれば飛べるはずです。
参考の一助に。

  • 2011/09/20(火) 18:47:38 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

月の裏側の真相 その後

こんばんは。
アポロ20号についての訳文をブログに掲載したものです。

この問題を提起し、apollo20の本を刊行したイタリアのジャーナリスト、ルカさんは、去年に「70年代オルドリンは火星にも降り立っている」ことを暴露しています。ビデオもあるそうです。
火星の衛星にモノリスがある、との発言で、物議を醸し出したバズ・オルドリンですが、すでに火星に行ったのなら、辻褄が合う気がします。

さて、UFOや地球外知的生命体の存在については、疑いようがありません。
以下のビデオをご覧ください。
おびただしい軍関係者が、アメリカのプレスクラブで存在を証言していますよ。有名な"Disclosure Project"です。
http://www.youtube.com/watch?v=lkswXVmG4xM

  • 2012/01/21(土) 03:04:22 |
  • URL |
  • dog_gett #X2fY3bVg
  • [ 編集]

> dog_gett さん

またまた返事大変遅れましてすいません。
"Disclosure Project"も最近日本語字幕付きの動画がYouTubeにUPされたみたいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=KicoTXPF1_E&feature=related
時間のあるときにゆっくり見たいと思います。
最近YouTubeを徘徊してて、月着陸の件で面白い動画も見つけたので、またそのうち紹介したいと思います。

  • 2012/04/18(水) 15:32:36 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

こんのけんいちさんのほんをよんで

月がUFOの基地化されているという本を読んで、たまたま「ムー」という雑誌をみてアポロ19&20の存在を知った訳でUFOの話をするとその場から浮いたような何ともいえない疎外感を。でもUtubeでいろいろと見解を述べられているのをみて少しは勇気付けられました。UFOは、実在しますね。二度経験していますが、写真でもあれば。自宅の上空を、子供が六歳でジャンボ機が飛んでいた横に銀色に光る物体。ジャンボ機よりもすこし大きいひかる物体。こどもに「あれはなんだろうね」というと「おとうさん、UFOとおもうとんじゃろう{おもっている}」「カメラを取ってくるのでみとってね」と言って300ミリのデッカいカメラと三脚を持ってきて「まだみえる?」「きえて、おらんようになった」私が36歳のときの出来事でした。

> komusohya さん

非常に遅レスすいません。

アポロ19&20号については興味深いネタです。
今後も追って行こうと思っています。

UFOというものが言葉通り”未確認飛行物体”という意味なら確実に存在すると思います。
ただし、ちまたでよく言われているように他の惑星から来た宇宙人が中に乗ってやってきているという意味ではどうかな?と。

そういうイメージ付けをした方が得な人達がそういったイメージを付けているとも考えられるのかな?と。

UFO=宇宙人の乗り物
という前に様々な検証が必要かと思われます。

それが私の言う”信者”ではなく”研究者”としてのスタンスです。

  • 2012/09/23(日) 23:35:41 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

リンク修正です

こんばんは。
ブログ引越しました。リンク修正版をお知らせします。

さて、最近は、映画SIRIUS、ケッシュ財団の技術などの情報を、少しずつ更新しております。

  • 2014/09/23(火) 00:26:05 |
  • URL |
  • dog_gett #-
  • [ 編集]

ご無沙汰してます。

ブログの引っ越しのコメントありがとうございます。
すいません。
火星の動画については、当ブログで既に検証いたしました。(詳しくはこのHPアドレス参照)
TheFakingHoaxerさんスゴいですよね。
(実は以前のLagoon Diaryさんのブログにも投稿しようかなと思っていましたが、躊躇してました)

とは言っても人類が火星へ行ったのかどうかまでは否定しておりません。
悪しからず。

  • 2014/09/24(水) 00:57:35 |
  • URL |
  • honey(管理人) #fRjoE41.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honey6492.blog19.fc2.com/tb.php/415-b6d6f913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。